地域での取り組み

医療講演・健康相談

医療講演レポート

第65回市民雪セミナー

平成24年9月23日(日)午後2時より、雪の里情報館2階雪国文化ホール(新庄市)で開催された「第65回市民雪セミナー」にて院長が講演を行いました。(参加者35名)

演題「人生の後半をどう生きるか」

  • 日本人の死
  • 「死」について考えてみよう
  • 人の寿命
  • なぜ人は死なねばならないか?
  • 不老不死は可能か
  • 人はなぜ死を恐れるか
  • 人が死んで残せるもの
  • 死ぬときは本当に苦しいか
  • 日本人の伝統的な死生観
  • 病人大国ニッポン?
  • 死を支える医療
  • 死を支える医療にまつわる問題
  • 医療を受ける側も変わらねば!

下記は、院長の推薦図書です。

中村仁一 著
 『大往生したけりゃ医療とかかわるな』 (幻冬舎新書)
曾野綾子 著
 『老いの才覚』 (ベスト新書)
五木寛之 著
 『下山の思想』 (幻冬舎新書)
川嶋朗 著
 『医師が教える幸福な死に方』 (角川SSC新書)
久坂部羊 著
 『日本人の死に時』 (幻冬舎新書)
難波紘二 著
 『覚悟としての死生学』 (文春新書)
石飛幸三 著
 『「平穏死」のすすめ』 (講談社)
アルフォンス・デーケン 著
 『よく生きよく笑いよき死と出会う』 (新潮社)
本川達雄 著
 『「長生き」が地球を滅ぼす』 (阪急コミュニケーションズ)
池田清彦 著
 『やがて消えゆく我が身なら』 (角川書店)